企業概要 of Midori Autoleather Japan Site

会社概要

会社概要

社名
ミドリオートレザー株式会社
本社・工場
山形県山形市三社57番地の1 〒990-0898
TEL(023)684-4311(代) FAX(023)684-4317
東京本部
東京都渋谷区広尾5-4-3 4F 〒150-8455
TEL(03)3446-6740(代) FAX(03)3446-6713
食材事業部
東京都渋谷区広尾5-4-3 4F 〒150-8455
TEL(03)3446-6741 FAX(03)3446-6713
創立年月日
昭和21年3月28日
資本金
授権資本 10億円
払込資本
3億7011千円
売上高
170億円(2016年度)
事業目的
1.高級皮革の製造及び販売
2.合成製品の製造仕入れ及び販売
3.前各号に付帯する一切の業務


大きな地図で見る

沿革

沿革

昭和21年3月
北洋皮革工業株式会社(資本金19万円)を山形市長谷堂に設立タンニン鞣を主とする本革製造を開始
昭和23年3月
地下水豊富な山形市北町に移転、設備拡張を図る
昭和27年9月
クローム鞣製を開始、鞄、靴、袋物業界に進出
昭和28年6月
高級銀付ボックスを開始し(HY印)で生産販売を開始
昭和31年4月
高級袋物材料(HYエルク)を開発し、生産販売を開始
昭和36年4月
独自にガラス張、甲革の生産販売を開始
昭和36年6月
両羽協和株式会社(現両銀不動産株式会社)に全株譲渡
昭和38年12月
天然皮革とウレタン合体の「合成皮革パーフェクト」の研究開始
昭和41年10月
「合成皮革パーフェクト」を開発、量産体制を確立
昭和43年7月
ミドリ安全工業株式会社と業務提携、労働災害防止安全靴用甲革の大量生産開始
昭和43年11月
ミドリ安全工業株式会社が全体を引き継ぎ、北洋化成工業株式会社に商号変更
昭和47年4月
公害対策として浄化排水処理施設完成
昭和48年4月
ブラジル、アトランティカ社への資本参加と技術者派遣開始
昭和48年6月
高級椅子張用本革HFの生産開始
昭和50年8月
ウレタン塗膜接着装置(バイカストマシン)導入により耐水耐薬品甲革の生産開始
昭和52年6月
高級自動車シート用本革CSの研究開始
昭和53年6月
高級自動車シート用本革CSの物性確立と生産開始
昭和55年7月
北洋化成工業株式会社をホクヨー株式会社に商号変更
昭和57年5月
毛皮専門工場完成
平成2年3月
山形市三社地域に新工場用地を求め新工場建設に着手
平成3年11月
新社屋・新工場完成
平成5年4月
特殊仕上げライン「スターク」の生産販売開始
平成6年4月
食品用「ゼラチンパウダー」の生産販売開始
平成8年11月
ミドリ安全株式会社がミドリ安全工業株式会社を合併
平成9年4月
TPMの一環としてCD運動開始
平成11年4月
TMS運動開始
平成12年8月
いきいき21小集団活動開始
平成12年8月
広州緑北洋皮革制品有限公司設立
平成14年4月
ISO14001認証取得
平成15年4月
嘉興緑北洋皮革有限公司設立
平成17年10月
MACNP MEXICANA,S.A.de C.V.設立
平成18年年3月
ISO9001認証取得
平成19年6月
ミドリホクヨー株式会社へ社名変更
平成20年10月
OSHMS認証取得
平成22年12月
コラーゲンフィラート販売開始
平成27年11月
ミドリオートレザー株式会社へ社名変更

品質方針・安全衛生方針

ミドリオートレザー(株)品質方針

策定日 2016年1月1日
常務取締役工場長  斎藤慎夫

280.JPG1.お客様の最新の要求に応えられる、技術開発に取り組む
2.お客様に満足される高品質で安定した製品を供給する
3.法規制、協定、組織が同意するその他要求事項及び当社の自主規制を順守する
4.品質マネジメントシステムを適切に運用し、継続的な改善を図る。





ミドリオートレザー(株)安全衛生方針

策定日 2016年1月1日
常務取締役工場長  斎藤慎夫

DSC_0189.JPG
1.「安全は全てに優先する」を基本理念とし、全員で安全衛生活動を推進する。
2.労働安全衛生に関連する法令、社内規定を順守する。
3.労働安全衛生マネジメントシステムを適切に運用し、継続的な向上を図る。
4.健康保持増進に向けた活動の機会を提供し、従業員の自律的健康管理を
  支援する。
5.作業におけるリスクを明確にし、労働災害の低減と未然防止を図る。
6.災害の原因を徹底究明し、再発防止を図る。




ご挨拶

ご挨拶

 芭蕉が山形を訪れて三百年余りの歳月が移り変わりました。山々の温泉、心のこもったおいしいお料理、
そして人々の素朴で温かい心は、いつも私を魅了してやみません。
 天然素材である本革、その温もりは深いやすらぎを醸し出し、時の流れの中で味わいはさらに深まり、
それを手にするオーナーの密かな喜びでもあり、楽しみでもあるでしょう。
 自然豊かな山形の地で、私たちミドリオートレザー株式会社は、わが国の生活空間の質の向上に貢献するよう、
たゆまぬ技術革新を進めて参りました。
 そして更なる社会の要求にお応えするよう、平成3年11月、最新の本社工場・中央研究所を設立しました。
「天然素材を科学する」をテーマに、専門的な技術と新商品の開発、優れた製品の製造と、心のこもった販売により、
顧客満足度No.1企業になるべく全力を注ぐ所存でございます。
 今後とも何卒一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。